こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

※本が題材の時は、
  しばらくこの文章を書きます。

ましゅーはリアル書店を応援します。
(*'▽')

電子媒体も便利で良いのです。

ですが、
紙媒体に触りながら読む本は、
また違った味わいがあってよいと思う
のです。(((uдu*)ゥンゥン

コーヒーで汚れたり、
古くなって黄色くなったり…。

それらすべてがその本の年輪となり、
持ち主と共に成長してゆく。

何十年か後に、
その本を読み返す贅沢を想像するだけで、
身が焦がれる気持ちになれると思うのです。

ましゅーは勝手にリアル書店を応援して
ゆきます。(`・ω・´)

 ---ここから本編---

今回の話題は【本】です。

読書
 ※写真ACより。

スポンサードリンク



「人は一秒ごと死に近付いている。」

歯の抜けた口をもごもご動かしながら、
男は食べ難そうに唐揚げを食べている。

「アンタも俺も大して変わらんさ。」

二つ目に手を伸ばしながら、
男は言葉を発し続ける。

「人の人生は定規みたいなもんさ。
 長さもワカラン定規の上を歩いている
 んだ。」

線は細いわりに良く食べる男は、
相変わらず言葉を発し続ける。

「目盛りの細かさもワカラン定規さ。
 アンタはそんなワカラン物の上を歩いて
 いるんだぜ?嫌な事を我慢している時間
 何てあるのかい?」

男は食べるのを止め、
真剣な顔で僕の目を見つめる。

「人生はわからんものさ。
 俺の人生もお前の人生もな。」

( ^ω^)・・・何てことを書いてみる。

今回紹介する商品はコチラです。

ライフハック大全
      堀正岳


最近、流行っているのかな??
← いや、もう過ぎたのかな??
  (-ω-;)ウーン

よくテレビとかでも言われていましたが、

ライフ・ワーク・バランス
← いわゆる、働き方改革ですね。
  (((uдu*)ゥンゥン

人生の時間(プライベート)と仕事時間を
見直して、もっと豊かに過ごそう!!

という考え方です。

その考え方を体現してゆくために、
”仕事の効率化”が叫ばれ、自動化や、
AI化が加速してゆきます。
( ̄。 ̄)ホーーォ

またね、その〇〇化にはお金の香りも
しますからね。

新ビジネスを待ち望んでいた各企業が、
ここぞとばかりになだれ込んでいます。
(´・∀・`)ヘー

でもね、
ライフとワークがイーブンですからね。

ワークだけ効率化がドンドン進んでも、
意外とライフで必要以上に時間が取られて、
充実しなかったりするのよね。
(-ω-;)ウーン

そこで提唱されるのが、
”ライフハック”の考え方ですね。

と書けばムツカシイんですケド、
簡単に言えば、

可能な限り、通常の生活でも、
効率化、自動化を目指していきましょう。

という考えです。(((uдu*)ゥンゥン

ライフでもワークでも、

生きる為に必要な時間=充実の時間

とは限りません。
← いや、イコールの人も居ます。
  その人は今のままで良いですよ。
  ( ̄σ ̄)ホジホジ

しかし、

自分の好きな時間≒充実の時間

である人は非常に多いです。( ゚д゚)ウム

ですので、
時間をなるたけ自分の好きな時間へ変換
するコツがイロイロと書かれています。
おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ)

考え方もイロイロ書かれているのですが、
それよりかはイロイロ便利なツールが、
書かれているのが有難いかな。
( ^ω^ )ニコニコ

実際、僕もこの本を読んで、
アプリをひとつ新規に導入してやりました。
← 今から使い倒すつもりです。
  ( ̄ー キラリーン

小さい頃から、

今、我慢したら後で良いコトが起こる。

と教わられた人は多くないですか?

大抵の場合、いま我慢している人は、
一生我慢する人生が待っている人です。

効率化、自動化は、

自分の現状をわかっている人、
または、現状を把握しようとしている人。

にしか出来ません。( ゚д゚)ウム

人生を有意義で活力があるものにするため
にも、我慢するだけではなく、新しいこと
に挑戦するのが大切カモですよ。
( ̄ー ̄)ニヤリ

興味がある人は読んで観て下さいね。

---

少し宣伝させてくださいね。( ゚д゚)ウム

僕は本屋で出会った本とは、
縁があると思っています。

ですので、極力買おうとしてるんですが、
ヤッパリ買えないときもあるワケです。

それが新刊なら大した問題ではないんです。

問題なのは中古本だったりした時です。
(´・ω・)エッ?

中古屋さんで見つけた本は、
絶版本であったりするワケですよ。
(-ω-;)ウーン

ネットで見つけたり、友達に勧められたり
した本もそうであったりするワケです。
← そういう本こそ面白そうだったり。
  ( ゚д゚)ウム

読みたい本が絶版本であった時のショック
は大きいですよね。(´・ω・`)
← 電子書籍では読めるカモですが…。
  ちょっと違うと感じる人も。

そう思っていたら、
面白いサービスを見つけたんです。
( ̄ー ̄)ニヤリ

広告


この本が読みたい!!

と思った気持ちをこのサイトへ…。

その投票数が多くなると、
復刻に向けて動き始めてくれます。
( ̄。 ̄)ホーーォ

過去に復刻させた本は5,500冊!!
Σ(・ω・ノ)ノ!

投票制となっていますが、どーしても
自分が復刻させたい本がある場合は、
復刻リクエストすることも可能です。

面白そうでしょ??

興味がある人はぜひ覗いてみてください。

---

そろそろ良い時間です。
それでは、今回はこの辺で。 (。・ω・)ノ゙