こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

※本が題材の時は、
  しばらくこの文章を書きます。

ましゅーはリアル書店を応援します。
(*'▽')

電子媒体も便利で良いのです。

ですが、
紙媒体に触りながら読む本は、
また違った味わいがあってよいと思う
のです。(((uдu*)ゥンゥン

コーヒーで汚れたり、
古くなって黄色くなったり…。

それらすべてがその本の年輪となり、
持ち主と共に成長してゆく。

何十年か後に、
その本を読み返す贅沢を想像するだけで、
身が焦がれる気持ちになれると思うのです。

ましゅーは勝手にリアル書店を応援して
ゆきます。(`・ω・´)

 ---ここから本編---

今回の話題は【本】です。

読書
 ※写真ACより。

スポンサードリンク



今回は本の話ではなくて、
本屋の話を書きたいと思います。
← 時々、書いていますケドね。
  ( ゚д゚)ウム

いや、
ちょいちょい生き残りを論じたいのよ。
考えたいのよ。(((uдu*)ゥンゥン
← よいアイデアも募集。

いや、素人が考えても仕方ないカモだし、
この考えは本屋のオーナーには届かない
かも知れないんだけれども。

でもね、本屋がなくなると僕は泣くぞ。
本気で泣くぞ。(ノД`)シクシク

なので考えたいのよ。( ゚д゚)ウム

そんなコトヲ思ってたら、
とても気になる記事を見つけましたので、
紹介しておきます。

コレを見て貴方はどう感じるか…。

ビジネスジャーナルさんの記事から
紹介させて頂きます。

立教大学の書店、なぜ店員は一斉に辞めて
しまったのか? 某大手書店の「振る舞い」

← 記事へ飛びます。(・∀・)つ

この記事を読んで、
最初にカルイ憤りを感じてしまいました。

前回も言った通り、
これからリアル書店が生き残ってゆくには
何より”人間力”が大事です。
← 僕はそう思います。( ゚д゚)ウム

効率、便利さ、手軽さ、値段では、
電子書籍やネット販売には太刀打ちでき
ないと思うからです。

リアル書店や紙媒体が優れている点は、

物質として存在しているコト。
 
コレだと思っています。(((uдu*)ゥンゥン

本は活字が並んだものです。
そう言う意味ではテキストデータでも
問題アリマセン。

でも、本が好きな人は五感の全てを使って、
読んでいると僕は感じます。

紙の質感やカバーの肌触り。
新刊の香りや古本の少し据えた匂い。

味覚はなかなか使わないかも知れませんが、
身体全体で本を楽しんでいると思うのです。
( ゚д゚)ウム

また、リアル書店には店舗があります。

まるで、

服のサイズを合すように、

最近の流行を感じるように、

店舗をぶらぶらしている様は、ウインドウ
ショッピングであり娯楽だと思うのです。
(((uдu*)ゥンゥン

この記事の前半はソレが実施出来ています。

ある意味、これから本屋が目指すべき回答
のひとつを照らし出すものだとも思います。
( ゚д゚)ウム

しかし…後半では…。(ノ`Д´)ノ

今までリアル本屋はぬるま湯に浸かって
いたと僕は思います。
← 厳しく言ってます。
  もちろん、そうでない店もあったで
  しょうが…。

お客さんは勝手に来てくれる。

接客をしなくても勝手に買ってくれる。

値引きしなくても定価で物が売れる。

立ち読みする客なんて客じゃない。

そうやってそんな現状に胡坐を掻いて
いるうち、コンビニ等の店が本を売り始め、
ネットで販売が始まり、電子書籍に移行
し始めた…。

商品が売れなくなり、自分らは店舗を持っ
て固定資産税とか払ってるからネット販売
にも税金をかけろとか言い出す始末。
← 過去記事にも書いたかな。(  ̄っ ̄)ムゥ

それらに打ち勝っていく、新しいビジネス
モデルを考えるのが先です。
(`・ω・´)シャキーン

そのポイントが”人間力”だと僕は思います。

素晴らしいポップを書く人が居ます。

創造力に溢れたコーナーを作れる人が
居ます。


他の人には選べない本を選べる人が居ます。

ネットの書評よりAIが選んだ本より、
その人に寄り添った本を選ぶことが出来る
のは人間だと僕は思います。( ゚д゚)ウム

リアル本屋に自分のコトヲわかってくれる
コンシェルジュが居たら、値段が高くても、
距離が遠くても、人は来ると思います。
← 僕は行きます。(`・ω・´)シャキーン

また、たまに本屋を巡っていると、
嬉しそうに本を選んでいる子供がいます。

かつての僕がそうであったように、
その子供には本屋がディズニーランドにも
負けない夢の国に見えているハズです。

そんな子供に促せられると、
親は本屋へ向かいます。(((uдu*)ゥンゥン

そして、そんな子供はやがて本が大好きな
大人へと成長してゆきます。

本屋が好きな大人が子供を連れて本屋に
行き…。そして…ループ。

みたいに、
そこには良い循環が生まれると思うのです。

そんな夢の国をみんなの手で作りたいと
僕は思っています。
← いや、本屋の人間ではないですが。
  (^^ゞ

記事の最後で大手書店も反省の弁を述べて
いる様に読み取れます。

過ちを認め、改めようとする態度は
素晴らしいと思います。(((uдu*)ゥンゥン

No Book No Life。

皆の手で楽園を守り、そして作る。
( ̄ー キラリーン

---

少し宣伝させてくださいね。( ゚д゚)ウム

僕は本屋で出会った本とは、
縁があると思っています。

ですので、極力買おうとしてるんですが、
ヤッパリ買えないときもあるワケです。

それが新刊なら大した問題ではないんです。

問題なのは中古本だったりした時です。
(´・ω・)エッ?

中古屋さんで見つけた本は、
絶版本であったりするワケですよ。
(-ω-;)ウーン

ネットで見つけたり、友達に勧められたり
した本もそうであったりするワケです。
← そういう本こそ面白そうだったり。
  ( ゚д゚)ウム

読みたい本が絶版本であった時のショック
は大きいですよね。(´・ω・`)
← 電子書籍では読めるカモですが…。
  ちょっと違うと感じる人も。

そう思っていたら、
面白いサービスを見つけたんです。
( ̄ー ̄)ニヤリ

広告


この本が読みたい!!

と思った気持ちをこのサイトへ…。

その投票数が多くなると、
復刻に向けて動き始めてくれます。
( ̄。 ̄)ホーーォ

過去に復刻させた本は5,500冊!!
Σ(・ω・ノ)ノ!

投票制となっていますが、どーしても
自分が復刻させたい本がある場合は、
復刻リクエストすることも可能です。

面白そうでしょ??

興味がある人はぜひ覗いてみてください。

---

明日は…、

風のましゅーBlog”の定休日となります。
(゚д゚)(。_。)ウン

次回更新までお待ちくださいませ。

そろそろ良い時間です。
それではこの辺で。 (。・ω・)ノ゙