こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

なんだか忙しいぞ。(  ̄っ ̄)ムゥ

ブログを書くのが追い付いてない状態です。
(´・ω・`)

ちょいちょい休みが入るカモです。

突然、お休みとなったら申し訳ありません。
m(__)m

 ---ここから本編---

今回の話題は、【レビュー】 です。(*^・ェ・)ノ

bc93df0bf7498b6059e0205ab916d694_s
 ※写真ACより。

イヤー人気ないよ、このPCシリーズ。(笑)
← 過去記事は (・∀・)つ コチラ

タダでさえ弱小ブログなのに、
輪をかけてアクセス数が。。。(´;ω;`)

でもここまで書いたので、
最後まで書き続けますよ。(`・ω・´)シャキーン

追番は前回記事より引き継いでいます。
m(__)m

7. マザーボード

前回までで、

PCケース、電源ユニット、CPU、CPUクーラー

まで揃いました。( ̄ー ̄)ニヤリ

ここでついに、”マザーボード”の出番です。

マザーの名前の通り、
PCのメイン基盤となります。( ゚д゚)ウム

ましゅーが購入したのは、こちら。

~ ASUS ASU-PRIME/Z270-K ~

ASUS ASU-PRIME/Z270-K 目安在庫=○
価格:17179円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これに関しての説明ですが…、
はっきり言って、ムツカシイです。(´;ω;`)

購入に関して初心者の人は、

詳しい人に聞くか、
お店の人に聞いた方が良いと思います。


丸投げになりますが、
そちらの方が間違いありません。
(`・ω・´)シャキーン

こちらからの情報として、

① ビデオボードは追加するか?

② USBの数&規格
   (USB3.1とかUSB3.0とかね)

③ CPUは何を用いるか?

を伝えておきましょう。

この辺りを連絡しておくと、
仕様に適したマザーボードを選んでもらえると
思います。 ← …(^_^;)ゞ タブン

もちろん興味がある人は、
がっつり調べて購入もアリですよ。( ゚д゚)ウム

8. 記憶媒体

いわゆるハードディスク等のことです。
( ̄。 ̄)ホーーォ

記憶媒体としては、

① SSD(ソリッドステートドライブ)

SDカードの化け物。

SDカードなので、
読み込み時間が短く、とにかく速い。

しかし、記憶容量:256ギガまでが主流。

そして…256ギガになると、
値段が泣くほど高い。(´;ω;`)ブワッ

② HD(ハードディスク)

とにかく記憶容量が大きい。
(MAXで8テラくらい?)

SSDと比べるとロード時間が長いのがネック。

しかし、
そこまでストレスに感じるものではない。

みたいな感じとなっております。
(・_・D フムフム

ましゅーは構成として、

SSD + HD

としています。( ̄ー ̄)ニヤリ

購入品はコチラ

~ WDS120G1G0B ~

WesternDigital WD Green WDS120G1G0A (SSD...
価格:6680円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウエスタンデジタルのSSD 120ギガ。
(´・∀・`)ヘー

値段も容量も手ごろです。
← 7,000円弱です。(・∀・)ニヤニヤ

これにOS(Windows 10)を入れました。

あと、データ保管用としてコチラ。

~ WD20EZRZ-RT ~

WD 製 Blue モデル 内蔵ハードディスク(HDD) 2TB 3.5インチ ...
価格:7120円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

写真とかの一時保管なら、
2テラあれば十分です。( ゚д゚)ウム
← 動画を入れちゃうと、
   あっという間にパンパンですが。
   (  ̄っ ̄)ムゥ

7,000円ちょいで2テラなので、SSDと比べ、
HDの安さが良くわかるかと思います。
(((uдu*)ゥンゥン

SSDにOSとよく使うソフトのみ保管すれば、
立ち上がりも速いし、サクサク動きます。
( ̄ー ̄)ニヤリ

あと、大きいファイルとかは、
HDで保管すれば容量も問題なし。

最近は、既製品のPCもこの構成が多いです。
(´・∀・`)ヘー

9. 記憶媒体(メモリ)

パソコンには、
メモリと呼ばれる記憶媒体も存在します。
(´・ω・)エッ?

メモリとは、情報の仮置き場です。
( ゚д゚)ウム

データを、

出してくる → 元の位置に戻す

→ また必要なので出してくる。

を繰り返すとムダな時間が多く、
処理効率が低下してしまいます。
(・_・D フムフム

そこで、また使用するデータは、
近くの仮置き場に置いておくということを、
PCは実施しています。
← 超簡単に言ってますよ。(≡ω≡.)

その仮置き場の大きさが、
このメモリによって決められてきます。

ましゅーが購入したのはコチラ。

【送料無料】 CFD W4U2400CM-8G (288pin/DDR4-240...
価格:17798円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

8ギガが2枚ですので、
合計16ギガとなっております。( ̄ー ̄)ニヤリ

ちなみに気を付けないといけないのは、
メモリをたくさん買って設置しても、
OSが認識しないと機能してくれません。
(´;ω;`)

Windows 10の32bit バージョンだと、
メモリは 3.1ギガまでしか認識してくれません。

ですので、どんなにメモリを増設しても意味が
なくなってしまいます。(´・ω・`)

その辺りは詳しい人に聞くか、
ネットでがっつり調べてから購入して下さい。
m(__)m

 ε=( ̄。 ̄;A フゥ… ほら、また長い。(笑)

次回が最終章にできると思います。
今しばらく、お付き合い下さい。
m(__)m

しかしながら、明日は…

風のましゅーBlog”の 定休日 となります。
(゚д゚)(。_。)ウン

次回更新までお待ちくださいませ。

---

そろそろ良い時間です。
それでは、今回はこの辺で。 (。・ω・)ノ゙