こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

沖縄病発症中。

飲んでるビールもコレですよ。

~ オリオンビール ~


ええ、ましゅーでもごくごく飲める、
スッキリさです。…うまし。(笑)

 ---ここから本編---

今回の話題は、【映画】です。(*^・ェ・)ノ

映画
 ※写真ACより。

スポンサードリンク


イロイロな酒がある。

楽しい酒、辛い酒。
忘れたい酒、何となくな酒。

ソレをどう感じるかはその人次第だが、
喜怒哀楽と酒は切っても切れない関係だ。

貴方は最近、酒を飲みましたか?

その酒はどんな酒でしたか?

貴方はそれをどう感じましたか?

ゆっくり酒をかたむけましょう。

その酒は貴方にとって人生が変わるもの
かも知れないのだから…。

( ^ω^)・・・何てコトヲ書いてみる。

今回、紹介する作品はコチラです。
(・∀・)つ

~ 今宵、ほろ酔い酒場で。
      2017年公開

吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」 [ 吉田類 ]
価格:4895円(税込、送料無料) (2018/2/17時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

主演:   吉田 類
      ( 森本 勝也 役 )
      
監督:   長尾 直樹

酒場のアイドル 吉田 類がプレゼンする
酒場を舞台とした様々な人間の哀愁劇。

その内容は…、

様々なチャンスを逃してきた人が集う
酒場 チャンス。

そこに逃げ込んできた人気アイドル。
山下絵里子(松本妃代)

そこで繰り広げられるささやかな宴会。

集った人たちの想いとは。。。

チャンスを待っている時が、
人間、一番幸せなんだぜ…。

雑居ビルの行き止まりで営業する、
どつぼ酒場。

そんな酒場にフとした拍子に迷い込んだ、
日暮義男(伊藤淳史)

やる気のない店主、癖のおおい常連達。

帰りたくなる酒場だが、
何だかそのどつぼさが癖になってしまう。

どつぼを知っていれば、
何を経験しても幾らかマシと思えるさ…。

旧友と語りながら、
犯した罪の重さに最悪な解決を考える、
森本勝也(吉田類)

最後に選んだ酒場は、
ふるさと酒場 土佐っ子。

そこで飲んだ酒は郷愁を呼び起こす。

こんなハズではなかった。
大海に立ち向かう人生であるはずだった。

最後の一献を飲み干した男が、
選んだ人生の道とは…。

みたいな話です。( ̄ー ̄)ニヤリ

ましゅーの感想としては…、

お酒が飲めるようになりたいなぁ…。
あと、”吉田類”さんは演技下手。(笑)

ですかね。(((uдu*)ゥンゥン

オムニバス方式で話が展開されます。

でも、どのお話も感動するワケでもない。
深く人生を考えるワケでもない。

しかし、良いなぁ…。と思える話です。

あと、”吉田類”さんの演技が下手。
( ´艸`)

でも、憎めない人ですよね。
← さすが酒場のアイドル。(笑)

観た後にお酒が飲みたくなる映画です。
興味がある人はぜひ。

---

はてさて、宣伝でもひとつ。
( ^^) _U~~

auユーザなら、
ビデオパス”に入るのも手ですよ。
( ゚д゚)ウム

広告


月額562円で、映画・ドラマ・アニメ等の
約10,000本の作品が観放題になります。
(* ̄- ̄)ふ~ん

また、ビデオパスなら最新作品についても、
追加料金で鑑賞できます。
( ̄。 ̄)ホーーォ

いわばレンタルビデオ屋さんが、
歩いて家にやってきた!って感じですかね。

動画配信としては”Hulu”とか、
Amazonプライム”とかが有名です。

でも、auユーザなら、
何時でも何処でも定額で見られるのは、
良いかもしれないですな。(((uдu*)ゥンゥン

auユーザなら要検討ですぞね。(笑)

興味がある人はぜひ。
(*- -)(*_ _)ペコリ

---

そろそろ良い時間です。
今回はこの辺で。 (。・ω・)ノ゙